うつのちライター

うつ病をきっかけにWebライターに転職。Webライターの楽しさからしんどさまで、社会復帰の過程を紹介。

「あなたなんて産まれてこなければよかった。」

父方祖父母に言われた言葉、今でも一生忘れられません。



199〇年 広島県生まれ
生まれて間もないころに父の転勤に伴い奈良県に引っ越し。

しかし、幼少期言葉を話すのが遅く、上記のようなことを言われます。
母方祖父母と小児科の先生、リハビリセンターの作業療法士さんに支えられながら言葉を発するまでには回復。
習い事はやりたいことをさせてもらえず。(サッカー、水泳、学習塾)


その後幼稚園、小学校低学年では比較的馴染めたが、香川県に転校になりそこで1年馴染めず。
その上成績至上主義で「自分を抑え込む」ことを学ぶ。
また、両親の不和も幼いなりに感じていた。


中学受験を経て、地域で屈指の中高一貫進学校(男子校)に進学。
そこで成績至上主義の上、恋愛至上主義まで家庭内はますますギスギスし始める。
このころからHPやブログに興味を持ち、ほぼ毎日更新していた。
また、車とカラオケにもハマっていた。


中高では途中まで落ちこぼれであったが、高3で奇跡の逆転と周囲に言われるほど某国公立大の機械系へ進学。


大学、大学院では勉強とバンド活動を両立。前半3年は大学デビューに失敗したが、後半3年は失った青春を取り戻すように学生生活を謳歌した。
そんな中、副専攻と言えるくらい、図書館で心理学の本を読み漁るなど、機械系の勉強内容に半信半疑を感じる。


にもかかわらず、就職活動はなんとなくと憧れから、設計開発一本に。機械系の大学院に進んでいた&売り手市場なのもあり、4社から内々定。その中でも福利厚生がよかった大手自動車部品メーカーへ就職。
そして配属も昔から好きだった憧れの自動車関係の設計開発職へ。



しかし、待ち構えていたもの……。根性論がまかり通った企業体質、直属上司のパワハラ、36協定スレスレの残業が数カ月連続。
そして業務内容のギャップ、並行して行っていた採用活動との興味の逆転。
その時にプライベートでも様々なことが起こり、入社3年目に適応障害を患う。
リフレッシュで北海道に行ったことをきっかけに、車載Youtuberデビュー。


1か月半の休職と部署異動で職場復帰を果たすも、仕事内容への疑問の中転勤話も浮上し、2019年11月心身症・うつ病を発症。
現在は休職しながら、かつて継続的に続けられていたブログを再開。

※医師から診断も出ています。

「数年後誰か1人の役に立てばいいな。」そんな願いで文章を書いています。

プロフィール
リンク
ブログ投稿数
40 記事
ブログ投稿日数
40 日
読者