じぶんぽっく

理系院卒がうつ病を患ったら執筆業に転生しました。「悩める若者をひとりでもラクに」がモットーに、ブログとWebライターで活動中!うつ病と共存しながら、自分の人生を取り戻します。

誹謗中傷する人の心理とは?誹謗中傷の動機と、被害にあったときの対処方法を紹介

※この記事は3分では読めないと思います。

 

 働き方改革のスバリストブロガー、迅斗です。

 

 昨今、誹謗中傷起因での痛ましいニュースを多数聞きます。特に芸能人が被害者になっているケースも多く、自ら命を落としたり、精神的に滅入ってしまい芸能界から引退する……など、とんでもない事態になっています。

 

 しかし、謗中傷で逮捕されるケースがあるにも関わらず、誹謗中傷をする人は後を絶ちません。ではなぜ、誹謗中傷をする人が一定数存在するのでしょうか?また、もし自分が誹謗中傷をされたら、どう対処したらよいでしょうか?

 オンライン化が進む社会で、誹謗中傷は避けて通れない今、誹謗中傷について考察します(私も誹謗中傷された経験あります)。

 

誹謗中傷 心理 対策 されたら 対処

誹謗中傷が無くなる世の中にならないものか…

 

 

誹謗中傷する人の心理と動機

 まず、誹謗中傷をする側の心理や動機付けについてです。誹謗中傷をする人の動機は大きく3パターンに分けられます。

 

  • 誹謗中傷の相手に対し、嫉妬している
  • 誹謗中傷の相手に対し恨みがある
  • 誹謗中傷という行為自体が趣味でストレス発散

 

 では、それぞれについて説明していきます。

 

誹謗中傷の相手に対し、嫉妬している

 1つ目は「誹謗中傷する相手に対して嫉妬している」パターンです。嫉妬するパターンはSNSやインターネットに限らず、実社会でも多いのではないでしょうか。

 

 会社で例えますと、めちゃくちゃ仕事が出来る後輩がいて、先輩たちを差し置いて出世したとします。すると、仕事ができる後輩を潰そうと、いじめ始める同僚……。ドラマでもよくあるワンシーンですし、実際よくみられるケースです。同じことがネット内で起きています。

 

 自分が目指していた夢や挫折したことを友人や知人が叶えた場合、その人のSNSを荒らしたり、なりすましをしたりする人が一定数います。誹謗中傷をする相手に対し嫉妬する心理の根源は「劣等感」と「向上心の低さ」でしょう。

 

 誹謗中傷をしない人は「悔しい」「羨ましい」とは思うものの、悔しさをばねにして行動したり、努力したりします。しかし、誹謗中傷する人は「行動して自分を上げる」のではなく、「行動して相手を落とす」ことを重点に置いています。

 

誹謗中傷の相手に対し恨みがある

 2つ目は「誹謗中傷をする相手に恨みがある」パターンです。恨みがあるパターンも嫉妬同様に実社会でも多いのではないでしょうか。特に犯罪は恨みパターンが多いです。

 

 直近で痛ましい実社会のケースで言えば「京都アニメーション(通称:京アニ)放火事件」でしょう。京アニを放火した青葉容疑者は、かつて京アニへ自身の作品を応募しましたが、落選してしまいました。そして「自分の作品と似た作品が出品された」という恨みから放火に至り、30人以上が亡くなるというすごく悲しいニュースとなりました。

 

身柄を確保された当時、「京アニに盗作された」と動機を供述していた青葉容疑者。日経新聞によると、京都府警は青葉容疑者が「いっぽう的に恨みを募らせて犯行に及んだ」との見解を示しているという。 逮捕後、京アニ作品『ツルネ―風舞高校弓道部―』が「場面の一部が自分の小説と似ている」と主張していると判明。同作は18年10月から19年1月までNHKで放映されていた。これについて京アニ側は、「同一、類似の点はない」と盗用を否定しているという。

 

引用元:

京アニ放火事件から1年…「盗用」主張の青葉容疑者に厳しい声(女性自身) - Yahoo!ニュース

 

 ネット内でも恨みによる誹謗中傷はよく起きています。特に恨んでいる相手が少しでも落ち度のある投稿をした場合、一気に畳みかけてきます。恨みから誹謗中傷をする人の心理は「被害者意識」に「歪んだ正義感」が合体からではないでしょうか。

 

 「被害者意識」だけだと、飲み屋で愚痴って終わります(笑) しかし、誹謗中傷の動機付けに必要なのは「自分は正しくて、相手が間違えている。だから潰す。」という確信。といっても半沢直樹のように誰がどう見ても相手が悪いでしょ、というケースではない「歪んだ正義感」です(半沢直樹は、相手がしていることが犯罪行為ですから「正しい正義感」)。そして、歪んだ正義感と被害者意識から、目的や手段を選ばず、誹謗中傷と言われるまで相手を徹底的に叩き潰します。

 

 最後に、ダントツで質の悪いパターンを紹介します。

 

誹謗中傷そのものが趣味でストレス発散

 3つ目は「誹謗中傷そのものが趣味でストレス発散」のパターンです。このパターンが1番質が悪い理由は下記です。

 

  • 特定の相手ではなく、叩ける要素があれば誰でもいい
  • 人を叩くことで日ごろの鬱憤を晴らしている
  • 基本的に誹謗中傷をしているという自覚がない

 

 特に、自覚がないのが質が悪いところです。芸能人の誹謗中傷は、この手のパターンが大半ではないでしょうか。彼らは誹謗中傷される側の気持ちなど考えませんし、叩ける相手がいれば誰でもいいのです。誹謗中傷が趣味の人の心理は「特定の人ではなく社会全体に劣等感を抱えている」「他社の気持ちを考えない」「罪悪感がない」といったところでしょうか。一言にまとめると「サイコパス」ですね(;^ω^)

 

 では、実際に誹謗中傷をされた場合はどうすればよいのでしょうか。

 

誹謗中傷 心理 対策 されたら 対処

絵だけで見るとクレーマーのおばさん……

 

誹謗中傷されたらどう対処すればよいか?

 実際に誹謗中傷された場合は、どのように対処すればよいでしょうか?本記事では3つ紹介します。

 

  • 無視
  • サイト、SNS運営者に情報開示を依頼
  • 警察に相談

 

 では実際に1つずつ説明していきます。

 

無視

 まずは、無視することです。正直無視することが出来たら苦労はしないですけど(笑)

 

 とはいえ、「芸能人やYoutuberなど、何かを発信する場合アンチがつくのは、有名になった証拠」という言葉もよく聞きますよね。「好き」の反対は「嫌い」ではなく「無関心」。また、誹謗中傷する人は「嫉妬をしている人」もしくは「サイコパス」なので、相手にするだけ時間の無駄です。

 

 また、誹謗中傷の内容は意外と「論理的に破綻している」場合が多いです。特に嫉妬、恨みの場合に論理破綻が多いのではないでしょうか。過去に私が誹謗中傷を受けていたときも、友人に「あの人の言ってること支離滅裂やで」と言われて初めて気づきました。他にもメンタルハックYoutuberで有名な「ほっしー」さんも誹謗中傷を受けたことがあり、「うつ病は甘え」ということから始まるが、エスカレートするとだんだん見た目に対する誹謗中傷に変わってきてわけわからん、ということを以前Twitterで呟いていました。

 

 とはいえ、あまりに度が過ぎる誹謗中傷や、芸能人などで不特定多数から誹謗中傷を受けている場合は次のステップに進みましょう。

 

サイト、SNS運営者に情報開示を依頼

 次に、サイトやSNS運営者に情報開示を依頼することです。誹謗中傷の度合いがひどく、警察への相談も視野に入れている場合は必須になります。なぜなら、相手の身元がわからなければ、訴訟も困難になるためです。

 

 各掲示板がSNSには相談先やお問い合わせフォームがあると思います。そちらにスクリーンショット付きで送りましょう。証拠は必須ですからね。

 情報開示をした後は最後の手段に進みます。

 

警察に相談

 最後に、警察に相談です。しかし、警察に相談して解決する際も、意外と情報が必要なので事前に準備しておく必要があります。そのため、事前にサイトやSNS運営者に情報開示をすることを先に紹介しました。

 

 スクリーンショットなどの証拠はもちろんのこと、本名、住所、電話番号、職場or学校あたりを事前把握しておく必要があります。LINEが主流の今では、知人同士でも電話番号の交換はしないケースが多いため、解消できないケースも多いのではないでしょうか。そのため、泣き寝入りされる方も多いのが、悲しい現実です。

 

 本気で訴訟したい場合は、サイバー犯罪の部署に通していただくようにお願いすることです。特に芸能人などで不特定多数から誹謗中傷を受けており場合には、相談の時から明確に意思と十分な情報を持っておく必要があります。ちなみに、私も警察に相談したことありますが、若干情報量が不足していました(細かい内容は伏せます)。

 

最後に:誹謗中傷との共存は発信者の宿命かもしれない

 本日は誹謗中傷する人の心理、そして誹謗中傷されたらどう対処すればよいのか紹介しました。「誹謗中傷はダメ!なくそう!」という結論に持っていきたいのですが、私の趣味である車界隈のSNSを見ていると「誹謗中傷なくすの無理じゃないか……」という結論に至りました(´;ω;`) 理由は、不特定多数に誹謗中傷をしている「誹謗中傷が趣味」な人がいる以上、誹謗中傷は避けて通れないためです。

 

 とはいえ、物事に打ち込んだり発信したりしていることは、悪いことではなくむしろいいことです!とはいえ、サイコパスは増殖していく一方なので、これから発信者になる方は誹謗中傷へのスルースキルは必須要件になる日も近いのかな、と悲しいかな感じています。私もスルースキルはこれから身につけていかないとなと感じているので、何かいいアイデアや、共有できることがありましたら随時紹介していきますね!

 最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

 ではでは、今日も皆さま生きててえらい!

 

 

超絶おまけ:電子書籍デビューしました!!

 

 

超絶おまけ:電子書籍の解説動画作った! 


#電子書籍 #週末起業 #うつ病 迅斗、電子書籍出したってよ

 

 

「悩める若者をひとりでもラクにするLINEコラム」発信中!

友だち追加

 

はてなブログ会員の方、是非読者登録お願いします!

 

本記事で初めて「じぶんぽっく」にお越しいただいた方へ、自己紹介です!

 

www.jin-10byo.com

 

ブログ以外のお仕事一覧です!

 

www.jin-10byo.com

 

 

記事やホームページに使える写真素材も販売しています!

是非1度ご覧ください!

写真素材のピクスタ

ラブライブ!コラボキャンペーン

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害グレーゾーンへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村