じぶんぽっく

理系院卒がうつ病を患ったら執筆業に転生しました。「悩める若者をひとりでもラクに」がモットーに、ブログとWebライターで活動中!うつ病と共存しながら、自分の人生を取り戻します。

イナバ物置「100人乗っても大丈夫」のインパクトすごくね?【キャッチコピー】

こんばんは、商品券をもらったのにブッ〇オフで使えなかったことが悲しい迅斗です。ボーナスが出たということで、この週末は大きな買い物をした!という方も多いのではないでしょうか?昨年11月から休職しているので、雀の涙ほどしかいただけてませんが、それでもいただけるのはほんとありがたい限りです。

 

ちなみにですが、「じぶんぽっく」のブログのヘッダー作成者の友人が、今朝アイコンまで作ってくれました!!

f:id:ninnikutubesti:20200712173206j:plain

イメージキャラクター「じんちゃん」です!

 

 

いや、めっちゃかわいいやん!!(自画自賛)眼鏡と出っ歯と青い車という僕の特徴をかわいく押さえてくれてます!

ほんとありがとうございます!!!(土下座)

 

そして何より、昨日「じぶんぽっく」の読者数が100人到達しました!!

 

 

ありがとうございます!!

 

大雨洪水警報で強制出勤の記事で読者が0人から1日で50人近くまで増え、そこから4日で100人到達したのは、正直自分が1番驚いています!

 

大雨洪水警報で強制出勤の記事はコチラ!

 

 

www.jin-10byo.com

 

 

 

これからも「じぶんぽっく」ブログを書いていきたいと思いますので、読んでいただけたら嬉しいです!

 

さて今日の話は、読者100人にちなんで(笑)「100人乗っても大丈夫~♪」で有名なイナバ物置のCMについてです。何故インパクトが強いのか気になりますよね。それを今日は「じぶんぽっく」紐解いていきます!

 

 

100人乗っても大丈夫の由来

 イナバ物置に取材した下記の記事によると、丈夫さのアピールが理由です。

 最初は雪国の方向けのアピールがきっかけだったそう。顧客のニーズに合わせて、しかもそれをうまく宣伝し、軌道に乗ったことから全国区にする柔軟性も素晴らしいですね。広報さんいい仕事しててすごい!まさにGJです!(GJ…Good Jobの略、主にニコニコ動画のコメントで目撃)

 ちなみにCGや合成ではなく、はしごを使ってホンマに100人乗ってるというのも、さらにインパクトを強めています。

 

100人で製品の上に乗り始めたのは1987(昭和62)年、今から30年以上前といいます。なぜ製品に乗り始め、乗り続けているのかという点について、稲葉製作所は「丈夫さをアピールするためです。当初は、特に雪の深い地方に向けて、丈夫さをアピールしようと考えていましたが、人が100人乗っていることのインパクトから全国区となり、継続するにいたりました」と話します。

引用元:

イナバ物置のCM、本当に100人乗っているの? | 乗りものニュース

 

100人乗っても大丈夫のインパクトが凄い理由

 ではなぜ「100人乗っても大丈夫」がインパクトに残るのでしょうか。私が考えた理由は下記の3つです。

  • 数字での表現で、イメージしやすい
  • キャッチーなメロディとリズム感
  • 見たことがない光景ゆえの視覚的衝撃

 1つ目は、物置の丈夫さを「100人の人が天井に乗っても潰れませんよ!」という身近な数字で現わしていてイメージしやすいからでしょう。例えば「大雪が降っても潰れません!!」と抽象的に必死でアピールしても、「数年に1度の豪雪でも大丈夫なの?」とどことなく心配になりますよね。ましてや物置やガレージは大切なものを保管する人が多いはず。この表現方法だと、「人が100人乗っても潰れないなら豪雪にも耐えれるだろう」と容易に連想でき、安心感を持って購入できます。

 

 2つ目は「100人乗っても…だいじょ~ぶ!」の間の置き方と、「だいじょ~ぶ」のメロディとリズム感です。長年カラオケで歌われるほどヒットしている曲を考えるとわかりやすいです。例えば、MONGOL800の小さな恋のうた。間奏がないという、歌うには鬼畜な曲ですが……(笑)サビ出だしの「ほーら」の間の置き方と、「ひびーけこいのうたっ」というリズムや音程が気持ちよさがあり、今でもカラオケランキング上位に食い込むのでしょう。もちろん他の要因もあると思いますが。

 

 3つ目はそもそも物置に100人乗ってる光景が衝撃的でしょう。例えばカラスが物置に100羽乗ってるのは現実的ですが、広告としてみると気持ち悪いだけです。しかし、人間が乗ってるCMを見て気持ち悪さもありませんし、「100人、ホンマに乗ってるやん!すごい!!」とむしろ衝撃をうけたり感心したりするのではないでしょうか。

 

 

イナバ物置 100人乗っても 大丈夫

2人しか乗ってませんが…(笑)

 

100人乗っても大丈夫のような、インパクトのある言葉を手に入れよう!

 起業したり、新しい製品を作ったりすると「自分の企業や製品名に、インパクトのあるキャッチコピーを付けたい」と考えますよね。しかし、自分ではなかなかいいアイデアが浮かばないとお悩みの方も多いと思います。広告のプロである広告会社にお願いするのが1番いいのでしょうが、予算もそこまでない……という方もいるでしょう。そんな方におススメしたいのは「ココナラ」です。

 副業、もしくはフリーランスで「キャッチコピー考えます!」という案件を出す方も多くあります!無料で登録するだけで、どのような方がキャッチコピーを募集しているか見れますので、お悩みの方は1度登録してみてください!

 バーを開いて検索しなくても、下記からも登録や依頼できますよ!

 

 

 (実は私も一時期募集してましたが、誰も来なかったので諦めました(笑) 私にお願いしたい人は個別に連絡ください(笑) )

 

最後に

 いかがでしたか?キャッチコピーは製品や企業のイメージを左右する大切なものです。イナバ物置のようなインパクトのあるキャッチコピーと悩める皆様との素敵な出会いがあることを願います!私自身も読者が1万人になるキャッチコピー考えます(笑)

 

 ではでは、本日も皆さま生きててえらい!

 

 

 

本記事で初めて「じぶんぽっく」にお越しいただいた方へ、自己紹介です!

 

www.jin-10byo.com

 

↓私が作曲した曲です。↓


【初音ミク/Miku Hatsune】 生きててえらい/Ikitete Erai 【オリジナル曲/Original Song】

 

 

 

 

↓実況プレイ動画(基本毎日更新中)↓


【コミュ障が】KAIDO 峠の伝説 を実況プレイ【59~61日目】

 

記事やホームページに使える写真素材も販売しています!

下記から、是非1度ご覧ください!

写真素材のピクスタ

 

ラブライブ!コラボキャンペーン

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害グレーゾーンへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村