うつのちライター

うつ病をきっかけにWebライターに転職。Webライターの楽しさからしんどさまで、社会復帰の過程を紹介。

ランサーズでライター初心者が心がけておきたいこと3選!現役Webライターが解説

ランサーズでライターを始める初心者の人も多いのではないでしょうか。

 

ランサーズはクラウドソーシングの中でも、クラウドワークスと並ぶメジャーなサイトです。

ランサーズはメジャーなサイトなだけに案件が多いですが、稼げなかったり、カモにされたりする可能性もゼロではありません。

 

本記事ではランサーズでライターを始める初心者に向けて、心がけておきたいことを現役Webライターが解説します。

 

 

 

筆者の自己紹介

  • 2017年 機械系の大学院卒業
  • 同年 大手自動車部品メーカーに就職(設計と採用を担当)
  • 2019年4月 上司のパワハラで適応障害(6月に復職)
  • 2019年11月 うつ病に悪化し、再休職
  • 2020年4月~ 転職活動→250社落ち
  • 2020年8月 社会復帰を兼ねて始めたWebライターに、適性があると知る
  • 2020年10月 Webライター兼ブロガーとしてフリーランス
  • 2021年3月 Webライター単独で月10万売上達成!
  • 2021年4月 文字単価3円の継続依頼を受注!←New!!

 

 

 

 

ランサーズでライター初心者が見るべきポイント

 

ランサーズ ライター 初心者 Webライター

 

ランサーズでライター初心者が見るべきポイントは、以下の3つです。

 

  • 文字数と記事単価
  • クライアントの評価
  • テストライティングの有無

 

文字数と記事単価

1つ目が「文字数と記事単価」です。

 

各案件には以下のように書かれています。

 

 

ランサーズ ライター 初心者 Webライター

 

 

文字数というのは納品する記事の文字数で、一般的に記載されている文字前後での納品を希望することが多いです。

 

記事単価は記事ごとの単価で、1記事納品したあたりの報酬となります。

また記事単価を文字数で割ったものを「文字単価」といい、Webライターで仕事をするうえで必ず使う言葉なので覚えておきましょう。

 

文字単価はいくらがいいのかは、後ほど詳しく紹介します。

 

クライアントの評価

2つ目が「クライアントの評価」です。

 

クライアントの評価は、他のライターさんが仕事を終えた後にクライアントに対しつけた評価で、以下の画像のように☆1~☆5の5段階です。

 

ランサーズ ライター 初心者 Webライター

 

 

基本的にランサーズでは☆5、もしくは☆4が多いです。

☆4未満の評価があるクライアントさんは何かしら問題があることが多いので、一緒に仕事をしないことをおすすめします。

 

ただし、発注数が少ない中で1人に理不尽な低評価を入れられたために評価が低いというクライアントさんも少なからずいます。

気になった案件だった場合、評価している人からのコメントは、確認しておくことがおすすめです。

 

テストライティングの有無

3つ目がテストライティングです。

 

 ランサーズでは「テストライティング」という言葉の使用が禁止されているので「トライアル」と呼ぶことが多いです。

 

トライアルそのものは悪くないのですが、トライアルと言いながら安い案件で記事を納品してもらい全員落とすという人も一定数います。

 

ぼくは「テストライティング詐欺」と呼んでいて、クラウドワークスでは特に多い地雷案件です。

 

テストライティング詐欺にあわないように、以下の2つのどちらかに当てはまる案件でなければ、応募するのをやめておきましょう(経験談)。

 

  • テストライティングは本番より文字数が少ない
  • テストライティングと本番で文字数が同じだが、本番の報酬の4割以上もらえる

 

 

 

ランサーズでライター初心者が心がけておきたいこと

次に、ランサーズでライター初心者が心がけておきたいことについてです。

初心者が心がけておきたいことは3つあります。

 

最初の10件は文字単価を気にするな

文字単価についてですが、最初の10件は気にしないほうがいいです。

なぜかというと、最初は実績作りのほうが重要だから。

 

実は、Webライターの数割が10件以下で挫折してしまいます。

きついし稼げないし、バイトでもしたほうがいいのでは……と考えてしまうため。

 

しかし、10件さえこなしてしまえばライバルと差をつけられるので、高単価の案件も受注できるようになってきます。

最初の10件は会社でいう「新入社員研修」のようなつもりで臨みましょう。

 

特におすすめなのが、添削付き案件です。

実際に手を動かしながらライティング技術を学べるので、成長にもつながりますよ!

 

経験や専門に合った案件を応募しよう

初心者こそ、経験や専門に合った案件への応募が重要です。

 

なぜなら、経験や専門にあった案件を選ぶことには、以下のメリットがあるからです。

  • クライアントから期待され、案件を受注しやすい
  • Webライター初心者にとって、詳しい内容なので記事を書きやすい

 

まさに、ライター初心者の挫折ポイントを克服していますね!

 

また、経験や専門に合った案件を応募することで文字単価もあがりやすく、稼ぎやすくなります。

ぼくがライター初心者の頃も、「コンサルティングファームの転職活動経験」という案件で文字単価1円の継続案件をいただき、月1万円を超えることに成功しました。

 

☆5をもらえるよう丁寧な仕事を

最後に、☆5がもらえるように丁寧な仕事をすることが重要です。

なぜなら、☆4.5を下回るとクラウドソーシング上での表示が変わるため。

 

実績が少ない初心者ライターこそ、1度低評価をつけられてしまうと見栄えが悪くなります。 

 

例えば3件受注して、1件が☆1だったとします。

これだと3件の平均が☆3.7となり「質の悪いライター」に見られがち。

 

 

 

特に、多数の応募者がいる人気案件ほど、評価だけで足切りされやすいです。

 

そのため☆5を目指して丁寧な仕事を心がけましょう。

 

具体的には

  • 納期を絶対守る(遅れそうな場合は早めに連絡)
  • コピペはしない
  • わからないことは都度質問する

といったことをするといいです。

 

会社の仕事と同じですね( ˘ω˘ )

 

 

おまけ:高額商材屋に注意

ランサーズでは少ないので「おまけ」としましたが、クラウドワークスではそれなりに見かけるので紹介します。

 

案件終了後に数十万の高額商材を宣伝してくる「高額商材屋」のクライアントが一定数います。

 

高額商材屋に多いうたい文句は

  • この教材さえ買えば、すぐにライティングスキルが身につく
  • 正直値段は高いけど、先行投資だと思って
  • カードで分割払いもできます

といったものが多いです。

 

数十万の教材1個で、ライティングスキルが身につくほど甘くありません。

 

 

また、高額商材を売りつける行為そのものが違反ですので、見かけたら遠慮なくランサーズの運営に通報しましょう。

 

ランサーズのライター初心者に先輩からアドバイス

 

ランサーズ ライター 初心者 Webライター

 

本記事では、ランサーズのライター初心者へ見るべきポイントと、心がけておきたいことを紹介しました。

 

ランサーズでライター初心者が心がけておきたいことは、Webライターで食べていくうえでどれも重要ですので、必ず覚えておきましょう。

とはいえ、この記事で紹介したこと以上に、ライター初心者が心がけておきたいことが1つあります。

 

それは「案件選びの戦略」です。

 

現役Webライターのぼくが、ライター初心者に向けて案件受注のコツをアドバイスしていますので、よかったら読んでみてくださいね( ˘ω˘ )

 

note.com


 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

 

 

▼Webライター初心者におすすめの記事です。

 

www.jin-10byo.com

 

 


 

 

 

個性を活かせ!じんとの「WebライターLINEマガジン」

じんとの案件選びのコツやライティングの仕方、

発信力の磨き方までを見ることができます!

 

小手先の技術ではなく「個性や強みを活かした働き方」をしたい人は、

以下のボタンをクリック(`・ω・´)

友だち追加