じぶんぽっく

理系院卒がうつ病を患ったら執筆業に転生しました。「悩める若者をひとりでもラクに」がモットーに、ブログとWebライターで活動中!うつ病と共存しながら、自分の人生を取り戻します。

うつ病の要因は!?2年半の会社生活での紆余曲折をNoteで公開!

【2020.10.3 更新しました!】

 

 うつ病回復後の転職活動記は本ブログにて5回に分けて書かせていただきました(本記事の1番最後に記載)。しかし、「そもそもうつ病になった要因や経緯が気になる」という方もいるでしょう。そこで、うつ病の経緯・要因を全3部に分けて書かせていただきました。本記事ではうつ病の要因を書いたNoteの簡単な説明と、本Noteをおススメしたい方について紹介します。

 

うつ病 要因 原因 パワハラ 適応障害

パワハラ上司って6割こんな感じよな(笑)

 

 

うつ病の要因や経緯について書いたNoteの内容

 そもそもうつ病の要因や経緯について気になる方も多いでしょう。そこで私はNoteにて公開いたしました。3部作になります。それぞれについて、詳しく説明します。

 

入社~パワハラの始まり(200円)

note.com

 

 まず、入社後パワハラさんからパワハラを受けるまでです。感覚がだんだん麻痺し始めており、「異常事態だ」と察知できていませんでした。本Noteを書いた理由の1つにもつながります。

 

 

パワハラ全盛期~適応障害を患うまで(200円)

 

note.com

 

 「はじめてのおつかい」風に書きましたが、そんなに楽しいものではありません(笑)何かと理不尽な嫌味を言われ続けました。しかし、感覚が狂った私は案の定、異常に気づきませんでした。そしてついに身体を壊し始めます。壊し始めの初期症状から心療内科の門戸を叩くまで、赤裸々に書きました。

 

 

部署異動で復活も4カ月でうつ病に悪化(200円)

note.com

 

 部署異動して、決して人間関係の悪い部署ではありませんでした。にもかかわらず、4カ月後にうつ病を患う結果に。極めつけとなった出来事、そして闘病生活で気づいた「〇〇と〇〇のミスマッチ」が真因だったことについて記載しています。

 

 次に、なぜ私がうつ病の要因をNoteにまとめたかを説明します。

 

 

うつ病の要因をNoteにまとめた理由

 では、なぜうつ病の要因をNoteにまとめることにしたのでしょうか。理由は下記の2点です。

  • パワハラを受けているときは大抵、本人はパワハラだと気づかない
  • 不特定多数ではなく、読みたい人にだけ読んでほしい

 

 1つ目の理由として、「パワハラを受けているときほど、自分がパワハラを受けている」ことに気づかないことです。私もそのうちの1人でした。特に若手社員だと「これが社会なんだ」とか「自分が無能なだけだ」と考えてしまいます。実際何人か友人で同様のケースを目撃しました。

 

 外からアドバイスをいただける環境にあればいいのですが、地方から上京して近くに友人がいないなど客観的視点がない場合、気づく可能性はグンと下がります。そこで、私の実体験を書くことで、「自分は危ない」と気づくロードマップになるのではと考えました。

 

 2つ目の理由として、本当に読みたい人にだけ読んでほしいからです(これをペルソナ設定というのを最近知りましたw)。正直センシティブな内容も含まれていますし、大っぴらにするものではないと考えたためです。そのためブログではなく「有料Note」を選択しました。

 

 最後に、うつ病の要因について書いたNoteをおススメしたい人について説明します。

 

うつ病 要因 原因 パワハラ 適応障害

ばーにらばにら ばにらのきゅうじん♪(ひらがなでかわいさをだしたよっ)

 

 

うつ病の要因についてのNoteは、こんな人に読んでほしい

 うつ病の要因について書いたNoteを、どのような人におススメしたいのでしょうか。私が考えているのは、下記のような人です。

 

  • 会社に行くのが辛いと感じている20代社会人
  • 就活生、来年度社会人になる学生
  • 部下を持つ管理職

 

 まずは、序章でも述べたように会社に行くのが辛いと感じている20代会社員です。辛く感じているのには何か理由があるはず。単純に仕事量の問題であることも考えられますが、実は叱責だと思っていたのがパワハラだったというパターンも多いです。本記事はそのロードマップとして作らせていただきました。

 1番のターゲットは20代社会人なので、価格設定は3部合わせて600円とランチ価格にしています(`・ω・´)

 

 次に、就活生や来年度社会人になる学生です。社会人に対して期待と不安が入り混じっているでしょう。しかし、期待しすぎると痛い目を見る場合もあります。本記事で、事前に最悪の事態を予習しておくことで、「異常事態」への察知能力は上がるのではないでしょうか。

 

 最後に、部下を持つ管理職です。意外だと感じた方も多いでしょう。何故かといいますと「自分が叱責だと思っていたことが、実はパワハラ」という可能性があるためです。管理職世代ですと、自分が新人時代に根性論で育て上げられたから、これくらい当然だろうと思い指導したやり方が、パワハラだったいうケースもあるためです。

 また、管理職の最大の仕事は「部下をマネジメントすること」ですから、仕事のことはもちろん、部下の様子や異変に気付くことも大切な仕事です。早めに対処するためにも実例を知っておくことで、部下を救い、ひいては自分のチームの仕事の質が上がるのではないでしょうか。

 

 

最後に:1つでも当てはまった方は是非読んでほしい

 いかがでしたか?うつ病の要因は様々ですが、今回は仕事に焦点を置いて文章を書きました。決してネガティブな理由ではなく、「悩める若者をひとりでもラクに」する1つの手段だと考えています。是非ご一読いただければ幸いです。

 最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

 

 ではでは、今日も皆さま生きててえらい!

 

【合わせて読みたい】 うつ病や発達障害に特化した転職エージェントはご存じでしょうか?下記の記事で紹介しています!

 

www.jin-10byo.com

 

 

【うつ同士の交際に特化したブログ】「うつカップルのはじまり」はコチラ

u2u2-couple.com

 

 

「悩める若者をひとりでもラクにするLINEコラム」発信中!

友だち追加

 

はてなブログ会員の方、是非読者登録お願いします!

 

本記事で初めて「じぶんぽっく」にお越しいただいた方へ、自己紹介です!

 

www.jin-10byo.com

 

ブログ以外のお仕事一覧です!

 

www.jin-10byo.com

 

 

記事やホームページに使える写真素材も販売しています!

是非1度ご覧ください!

写真素材のピクスタ

ラブライブ!コラボキャンペーン

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害グレーゾーンへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村