うつのちライター

うつ病をきっかけにWebライターに転職。Webライターの楽しさからしんどさまで、社会復帰の過程を紹介。

Webライターの1日のスケジュールは?ライター歴半年の日常を紹介

Webライターの1日の予定がどうなっているのか、気になりますよね。

 

実はWebライターになってから数年たっている人と、駆け出しWebライターではスケジュール感が大幅に異なります。

特にWebライター初心者の方は、Webライター歴の長い人の様子をみて挫折してしまいがち。

 

本記事では、Webライター初心者に向けて、Webライター歴半年のぼくの1日を赤裸々に公開します。

参考になれば幸いです( ˘ω˘ )

 

筆者の自己紹介

  • 2017年 機械系の大学院卒業
  • 同年 大手自動車部品メーカーに就職(設計と採用を担当)
  • 2019年4月 上司のパワハラで適応障害(6月に復職)
  • 2019年11月 うつ病に悪化し、再休職
  • 2020年4月~ 転職活動→250社落ち
  • 2020年8月 社会復帰を兼ねて始めたWebライターに、適性があると知る
  • 2020年10月 Webライター兼ブロガーとしてフリーランス
  • 2021年3月 Webライター単独で月10万売上達成!
  • 2021年4月 文字単価3円の継続依頼を受注!←New!!

 

 

 

 

Webライターのとある1日

 まずは、Webライターの1日の過ごし方から見てみましょう。

 

前提:筆者の状況

 

  • Webライターのフリーランス歴半年
  • ブロガーとしても活動中
  • クラウドソーシングで100件受注
  • SEOライティングが得意
  • 得意ジャンルはキャリア、恋愛、メンタル
  • 執筆場所は自宅もしくは図書館

 

筆者のとある1日(Webライター専業)

まずは、Webライターの仕事を1日中行っている「Webライター専業」の1日の様子から見てみましょう。

 

8:00 メールチェック・スケジュール管理

8:30~12:00 執筆(合間に5分ほど休憩)@自宅

12:00~13:30 昼食休憩・移動

13:30~18:00 執筆(合間に15分ほど休憩)@図書館

18:00~ クラウドソーシングで案件探し、翌日の計画

19:00 帰宅しそのまま終業

 

合間に打合せなどが入るときもありますし、場所を変えずに1日中自宅で作業していることもあります。

 

場所を変えている理由は、集中力をずっと持続させるため。

 

特に在宅Webライターだと誘惑が多く、

Youtubeを休憩で1本見たつもりが、気が付いたら何時間もたっていた……!

なんてこともあるため(笑)

 

自宅でも誘惑がない人は、自宅で作業できるのに越したことはありません。

 

また、1日の終わりにはクラウドソーシングで案件を探し、新規案件の獲得を狙います。

もちろん、繁忙期で納期間近のプロジェクトを複数抱えているときは、案件を探すより現在の案件を納期に間に合わせることを優先する方が重要ですよ。

 

 

 

筆者のとある1日(Webライター副業)

次に、Webライター副業の場合です。

ぼくの場合はブロガーを兼ねているので、大半は副業のスケジュールになっています。

 

6:00~ 起床・ブログ、SNSチェック

7:30~ 朝飯

8:00~ メールチェック

8:15~12:00 ライター案件執筆@自宅

12:00~13:30 昼食・移動

13:30~18:00 ブログ記事執筆

18:00~ クラウドソーシングで案件探し、翌日の計画

19:00 帰宅しそのまま終業

 

ぼくの場合は、かなりちぐはぐなスケジュールなので参考になるかわかりませんが(笑)

 

Webライター仲間を見ていると

  • 朝に2時間
  • 朝に1時間、夕方に2時間
  • 休日のみ8時間

といった人が多い印象です。

 

特に、朝だと頭がさえていて集中ができるという人が多いですね。

 

Webライターは1日で何文字書く?

では、Webライターは1日に何文字の記事を執筆するのでしょうか。

専業と副業の場合でそれぞれ紹介します。

 

専業の場合

専業の場合では、1日18000~20000文字です。

慣れてくると、さらに多くの文字数を執筆が可能でしょう。

 

初心者だと、文字単価は0.7~1円の案件がほとんど。

文字単価1円だとすると1日20000円という計算になります。

 

ただし、Webライターはライバルが多く、1日中ライターでの記事を執筆するほど案件を抱える方が珍しいです。

 

元々ブロガー志望だった背景もあり、私は行ってませんが

「安い単価でもいいから、とにかく書きたい!」

という人は単価や時給は下がりますが、その分書く量に応じて稼ぐ金額も増えます。

 

副業の場合

次に副業の場合は、作業時間によりますが1日2000~4000文字ほどです。

 

Webライター半年のぼくは、2000文字の記事を書くのに平均2時間です。

(得意ジャンルや継続的に依頼をいただいているクライアントさんだと、1時間程度)

 

仮に1日2時間の作業だった場合は、2000文字の案件を1つか2つ行うと計算しておくとよいでしょう。

 

 

Webライターの1日を知って、計画を立てよう!

 

webライター 1日 スケジュール 半年 ブロガー

将来設計は大切です

 

本記事ではWebライターの1日のスケジュールと書く文字数について、Webライター歴半年のぼくが解説しました。

 

Webライターの1日をみて、きついと感じるか楽しいと感じるかはあなた次第。

もしWebライターに興味を持ったのであれば、記事執筆の道を一緒に進みましょう!

 

そして、Webライターの案件探しには「戦略」が重要です。

 

  • Webライター初心者
  • Webライター経験者
  • Webライター中級者

でそれぞれ取るべき戦略が変わってきます。

 

 

うつ病からの社会復帰を兼ねたWebライターで、月10万売上のぼくが培った経験やノウハウを紹介していますので、よかったら検討くださいね( ˘ω˘ )

 

note.com

 

▼Webライター初心者におすすめの記事です!

 

www.jin-10byo.com

 

 

 

 

個性を活かせ!じんとの「WebライターLINEマガジン」

じんとの案件選びのコツやライティングの仕方、

発信力の磨き方までを見ることができます!

 

小手先の技術ではなく「個性や強みを活かした働き方」をしたい人は、

以下のボタンをクリック(`・ω・´)

友だち追加