うつのちライター

うつ病をきっかけにWebライターに転職。Webライターの楽しさからしんどさまで、社会復帰の過程を紹介。

Webライターの初心者こそブログを始めるべき理由3選!両方してる現役ライターが解説

Webライター初心者こそブログを始めた方がいいとはよく聞くけど、ほんとなんかな?

と気になる方も多いのではないでしょうか。

 

Webライターとブロガーの両方なぼくからも、「Webライター初心者こそ、ブログを始めることをおすすめ」します。

 

一方で両方やっているぼくは、初心者の頃にある悩みにも直面しました。

この悩みこそ「記事を書く」仕事をする人にとっては重要で、今後のモチベーションに左右してきます。

 

本記事では、webライターの初心者こそブログを始めるべき理由を、Webライター歴半年のぼくが解説します。

 

筆者の自己紹介

  • 2017年 機械系の大学院卒業
  • 同年 大手自動車部品メーカーに就職(設計と採用を担当)
  • 2019年4月 上司のパワハラで適応障害(6月に復職)
  • 2019年11月 うつ病に悪化し、再休職
  • 2020年4月~ 転職活動→250社落ち
  • 2020年8月 社会復帰を兼ねて始めたWebライターに、適性があると知る
  • 2020年10月 Webライター兼ブロガーとしてフリーランス
  • 2021年3月 Webライター単独で月10万売上達成!
  • 2021年4月 文字単価3円の継続依頼を受注!←New!!

 

 

 

Webライター初心者がブログを始めるべき理由3選

 

Webライター 初心者 ブログ 理由 note

 

Webライターが初心者にブログをおすすめする理由は、以下の3つです。

 

  • ライティングの練習になる
  • 実績として使える
  • 「書く」こと自体を楽しめる

 

理由①:ライティングの練習になる

1つ目は「ライティングの練習になる」ことです。

 

  • SEOライティング
  • セールスライティング
  • コピーライティング

といったものは、本だけ読んでもなかなか身に着きません。

 

資格試験で、教科書ばかり読んで過去問を解かなかったら合格しないように、

ライティング技術を身に着ける1番の方法は「記事を書く」こと。

 

ライティング技術は、Webライターとブログで共通して使える部分が多いですので、両方でライティング技術を実践的に磨ける分、成長も早いです。

 

理由②:実績として使える

2つ目は「実績」として使えることです。

 

Webライターで案件を受注するためには「過去の執筆実績」が欠かせません。

しかし、Webライターで携わった記事のすべて実績として使えるかと言われたら、そうではないです。

 

例えば、企業案件の記事であったり、クライアントが定期的にリライトしたりといった理由で断られたりします。

断られたときに、追加で実績として使えるのが「自分のブログ記事」です。

 

クライアントが、あなたののブログ記事を見ることで、

  • ライティングスキル
  • 依頼ジャンルへの精通
  • 記事を書いている数

といった部分を判断します。

 

ブログ記事でもライター記事でも「記事数を書いている」ということには共通しているので、

ブログをしていない人より経験値があるとみられ、受注しやすくなるでしょう。

 

理由③:書くことを楽しめる

意外とブログを始めるべき理由としては重要なのが「書くことを楽しむ」こと。

 

  • SEOライティングを意識しなきゃ!
  • クライアントに継続依頼される記事を書かなきゃ

と初心者こそ意気込んでしまいがち。

 

そして書くこと自体が嫌いになってしまい、挫折するんですね。

 

ブログは良くも悪くも「自分の好きなことを書ける」ので、

記事を書いて発信する行動そのもの

を楽しむことができます。

 

Webライター初心者の中には、フリーランスとして働きたい人もたくさんいるでしょう。

仕事としての記事と、自由に書ける記事の両方を持っておくことで、自分を追い詰めすぎずに記事を書くことができます。

 

Webライター初心者がブログで直面しやすい悩み

しかし、Webライター初心者がブログで直面しやすい悩みもあります。

 

それは「Webライターで書く記事=ブログで書く記事」となってしまうことです。

 

Webライターで書く記事は、もちろん「仕事」として取り組んでいますので、『有益な情報』をたくさん入れなければなりません。

しかし、両方やっていると、いつしかブログでも同じことをしてしまいます。

 

ぼくも一時期とても悩んで、しんどくなったことがありました。

しかもフリーランスとして独立する直前です。

 

  • 書いていて楽しくもない
  • それでいてあまり読まれない

となって、本当に食っていけるのか不安な時期もありました。

 

しんどくなったころの記事です。

www.jibun-pock.com

 

 

しかし、ブログは「有益なことにとらわれ過ぎないこと」のほうが『有益』だったりします。

 

実際、この悩みが解消したきっかけは「ウーバーイーツ配達員を始めた体験談」の記事でした。

www.jibun-pock.com

 

読んでもらったらわかると思いますが

「最低限のライティングスキルをそのままに、のびのびと」書いてます。

 

読者にも伝わったのか、ポジティブな感想をいただいただけでなく、

今でも検索から読まれる人気記事となっています!

 

Webライターもブログも「挫折しない」ことが1番ですから、ブログ記事は肩の力を抜いて書くことをおすすめします(`・ω・´)

 

Webライター初心者がブログを始めるならどこがいいか

 

 

 

最後に、Webライター初心者がブログを始めるならどこがいいか、について紹介します。

 

Webライター 初心者 ブログ 理由 note

Wordpress

まずは王道「Wordpress(ワードプレス)」です。

 

Wordpressがおすすめの理由は、以下の通り。

  • デザインを自分で決められる
  • SEOで評価されやすい
  • クライアントの入稿作業を請け負うことができる

 

特に、WebライターがWordpressを使うことで最も恩恵を受けるのは「入稿作業」です。

 

入稿作業はWordpressのアカウントを作ってもらい、記事の執筆はもちろん、文字装飾や画像挿入などを行う業務です。

入稿作業ができるようになると、クライアントから重宝されるだけでなく、報酬も高くなりやすいので稼ぐことができます。

 

ただし、お名前.comなどでドメインをとったり、エックスサーバーなどのレンタルサーバーを借りる必要があるため、

記事執筆までに時間とコストがかかるのが難点です。

 

あと、コミュニティ機能が全くないから寂しい(笑)

 

はてなブログ

次に「はてなブログ」です。

無料ブログは数多くありますが、以下の理由からはてなブログが1番おすすめです。

 

  • 無料ブログの中だとトップクラスでSEOに強い
  • はてなブックマークの連携がしやすい
  • サークル機能で同志と繋がれる

 

無料ブログはコストがかからず、すぐに記事執筆ができますので

とりあえずブログってどんなもんか確かめたい!

という人にはおすすめです。

 

note

ブログとは若干異なりますが、noteもおすすめの場所です。

noteがおすすめな理由は、以下の通り。

 

  • 実はSEOに強い
  • Webライターをしている人がたくさん登録している
  • タグやコミュニティでつながれる

 

特にWebライターさんと繋がれることで、情報交換したり、モチベーションを上げたりすることができます。

 

ぼくもnoteやってるので、よかったらフォローしてくださいね( ˘ω˘ )

 

note.com

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

 

 

個性を活かせ!じんとの「WebライターLINEマガジン」

じんとの案件選びのコツやライティングの仕方、

発信力の磨き方までを見ることができます!

 

小手先の技術ではなく「個性や強みを活かした働き方」をしたい人は、

以下のボタンをクリック(`・ω・´)

友だち追加