うつのちライター

うつ病をきっかけにWebライターに転職。Webライターの楽しさからしんどさまで、社会復帰の過程を紹介。

Webライターの仕事は楽しい?現役Webライターが魅力や特徴をたっぷり紹介!

Webライターって楽しいの?

と気になる人も多いのではないでしょうか。

 

現役Webライターで半年以上続けているぼくですが、日々楽しく仕事ができています。

そして、Webライターが楽しいと感じれるのも、楽しいと感じる人の特徴にぴったり当てはまっていたからです。

 

本記事では、これからWebライターを始める人に向けて、魅力や特徴をたっぷり紹介します。

 

 

筆者の自己紹介

  • 2017年 機械系の大学院卒業
  • 同年 大手自動車部品メーカーに就職(設計と採用を担当)
  • 2019年4月 上司のパワハラで適応障害(6月に復職)
  • 2019年11月 うつ病に悪化し、再休職
  • 2020年4月~ 転職活動→250社落ち
  • 2020年8月 社会復帰を兼ねて始めたWebライターに、適性があると知る
  • 2020年10月 Webライター兼ブロガーとしてフリーランス
  • 2021年3月 Webライター単独で月10万売上達成!
  • 2021年4月 文字単価3円の継続依頼を受注!←New!!

 

 

 

Webライターが楽しいと感じた瞬間

 

Webライター 楽しい 魅力 特徴

 

ぼくがWebライターの仕事をしていて、楽しいと感じた瞬間は以下の3つです。

 

  • 自分の経験や専門性を活かせる
  • 新しい気付きを常に得られる
  • 誰かが自分の記事を読んでくれる

 

自分の経験や専門性を活かせる

まずは、自分の経験や専門性を活かせることです。

 

  • 自分が今まで働いてきた仕事
  • 学生時代の専攻や得意科目
  • 仕事やプライベートでの経験

といったことを生かしやすいのがWebライターです。

 

楽しかった経験もつらかった経験も、誰かの役に立つ場面が来ます

ぼくも「うつ病」という経験があったからこそ、今こうして記事を書いてそれなりに食えるようになってきました。

 

Webライターの案件には、キャリアや美容、恋愛はもちろん

「現役のウーバーイーツ配達員の体験談募集」

といったニッチな内容もあったりしますよ!

 

新しい気付きを常に得られる

Webライターは、日々新しい気付きを得られる仕事です。

 

ライティングスキルはもちろんのこと、競合をリサーチしたり、他のWebライターより案件を受注するための戦略を立てたり。

日々新しい発見をしたい!という人にとって、Webライターは楽しい仕事と言えます。

 

また、新しい知識をつけることで知見や視野が広がり、人間味が深まるのも魅力の1つです。

 

誰かが自分の記事を読んでくれる

何より、自分の書いた記事を誰かが読んでくれるという瞬間が1番嬉しいです。

 

  • 誰かの悩みを解決した
  • 誰かの心を動かした
  • 誰かの励みになった

そんな瞬間にやりがいを感じます。

 

仕事で1番達成感ややりがいを感じるときは

「誰かの力になると実感したこと」

という人はたくさんいます(ぼくもそのうちの1人)。

 

しかし、普段の仕事ではなかなか「誰かの力になる実感」をしていない人もいます。

ぼくもかつてそうで、自動車部品の設計開発職時代は達成感もなく、上司の顔色ばかりうかがっていました。

 

よくも悪くも仕事熱心な人には、Webライターはおすすめといえます。

 

Webライターが楽しいと感じる人の特徴

次に、Webライターの仕事が楽しいと感じた瞬間を踏まえて、楽しいと感じる人の特徴を解説していきます。

 

個性豊かな人

1つ目は「個性豊かな人」です。

Webライターの仕事では、専門性や経験が求められるため、自分の個性を発揮することができます。

 

特に体育会系企業では、個性を出さずに周囲に同化する風潮が強いです。

そんな中で個性的な社員がいたら、職場いじめにあったり、陰口をいつも言われたりすることもあるでしょう。

 

しかし、Webライターは逆に個性を求められます。

 

自分の専門性や経験を「個性」として活かして働くことができるので、個性豊かな人は楽しいと感じるでしょう。

ぼくも、個性的と言われます(笑)

 

勉強が好きな人

2つ目は「勉強が好きな人」です。

 

Webライターの仕事では、ライティングスキルやリサーチなど、常に学び続ける姿勢が求められます。

そして学んで成長していくことで、稼ぎやすくもなるのが強みです。

 

  • いろいろな知識を身につけるのが好き
  • 読書や勉強が好き

という人は、Webライターの仕事を楽しいと感じやすいでしょう。

 

仕事を仕事と割り切れない人

3つ目が意外かもしれません。

「仕事を仕事と割り切れない人」です。

 

ぼくもそうですが……

  • お金のために我慢して働く
  • 家族のために我慢して働く

といった働き方がよくも悪くもできません。

 

仕事を仕事として割り切れない人は、好きに思えない分野では苦しんでしまいます。

しかし、好きに思える分野ではとんでもない集中力や成果を発揮するのが強み。

 

仕事を割り切らずに、好きな分野に集中して成果を出したい。

そんなあなたは、Webライターを楽しいと感じるでしょう。

 

Webライターが楽しいと感じにくい人の特徴

一方で、今から紹介する人はWebライターが楽しいと感じないかもしれません。

 

大人数で仕事をしたい人

大人数で仕事をしたい人にとっては、苦痛に感じる可能性が高いです。

なぜなら、Webライター基本的に少人数で仕事をし、連絡もメールやチャットで完結してしまうため。

 

まれに打ち合わせもありますが、基本は1対1なので、大人数で仕事をしたい人には物足りなく感じるでしょう。

 

パソコンで文字を打つのが苦手な人

パソコンで文字が打つのが苦手な人も、Webライターがしんどく感じてしまいやすいです。

 

文章を作ることが好きで、パソコンスキルを鍛える時間があるという場合は克服できるかもしれませんが、そうでない人はWebライター以外の仕事を探すのが得策でしょう。

 

Webライターで楽しいと感じたいなら、まずは1記事書いてみよう

Webライター 楽しい 魅力 特徴

 

 

本記事では、Webライターが楽しいと感じる魅力や、楽しいと感じる人の特徴について解説しました。

 

ぼくがWebライター7か月続けてこれているのも、「楽しい」と日々実感しているから。

Webライターに限らず、仕事が楽しいと感じると、人生の充実度合いが大きく変わってきます。

 

とはいえ、Webライターが楽しいと感じるかは、やってみないとわからないもの。

少しでも興味を持ったら、実際に1記事書いてみましょう。

 

Webライター初心者向けに、3分でサクッと読める「案件選びのコツ」を紹介しましたので、よかったら読んでみてくださいね( ˘ω˘ )

brain-market.com

 

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

 

Webライターの仕事が、さらに気になった人へ。

www.jin-10byo.com

 

 

 

個性を活かせ!じんとの「WebライターLINEマガジン」

じんとの案件選びのコツやライティングの仕方、

発信力の磨き方までを見ることができます!

 

小手先の技術ではなく「個性や強みを活かした働き方」をしたい人は、

以下のボタンをクリック(`・ω・´)

友だち追加