うつのちライター

うつ病をきっかけにWebライターに転職。Webライターの楽しさからしんどさまで、社会復帰の過程を紹介。

Webライターはひどい?つらい?初心者の挫折ポイントと対策を紹介

Webライターを始めたけどひどい、つらいと考えて挫折したくなる人もいるのではないでしょうか。

 

実はWebライター初心者が挫折するポイントは、共通しています。

そして共通したポイントこそが「ひどい、つらい、稼げない……」と感じてしまうのです。

 

本記事では、Webライターがひどい、つらいと感じる挫折ポイントと対策について現役Webライターが解説していきます。

 

筆者の自己紹介

  • 2017年 機械系の大学院卒業
  • 同年 大手自動車部品メーカーに就職(設計と採用を担当)
  • 2019年4月 上司のパワハラで適応障害(6月に復職)
  • 2019年11月 うつ病に悪化し、再休職
  • 2020年4月~ 転職活動→250社落ち
  • 2020年8月 社会復帰を兼ねて始めたWebライターに、適性があると知る
  • 2020年10月 Webライター兼ブロガーとしてフリーランス
  • 2021年3月 Webライター単独で月10万売上達成!
  • 2021年4月 文字単価3円の継続依頼を受注!←New!!

 

Webライターがひどい、つらいと感じるポイント

 

Webライター ひどい つらい 挫折 対策

 

Webライターがひどい、つらいと感じるポイントは以下の3つです。

 

  • そもそも受注できない
  • 受注できても単価が安い
  • 理不尽なクライアントもいる

 

ポイント①:そもそも受注できない

そもそも挫折する理由は「受注」がなかなかできないからです。

 

特に昨年に在宅勤務を始める人が増えて以降、Webライターの人口は急増しています。

そして稼ぎたいという思いは経験値問わず共通しているので、高単価の案件ほど倍率が高くなります。

 

専門性や経験値のある分野だと稀に受注できることもありますが、そうでない分野ではWebライター初心者が受注するのは難しいです。

 

何件応募しても受注できないことから、ひどいと感じてしまいます。

 

ポイント②:受注できても単価が安い

やっとの思いで受注できたと思いきや、次の問題が。

今度は「単価が安い」ということです。

 

初心者のうちは文字単価が1円(2000文字書いて2000円など)未満なことが多く、割に合わない、つらいと感じてしまいます。

 

そしてWebライター初心者は経験値の少なさゆえに、納品まで時間がかかってしまうもの。

単価が安いのに時間がかかるというダブルパンチで時給がかなり安いことから、ひどいとかきついとか感じてしまいます。

 

 

ポイント③:理不尽なクライアントもいる

ほんの一部ですが、理不尽なクライアントもいます。

ぼくが今までに出くわしたクライアントは、以下の通り。

 

  • 指定された文字数を大幅に超すような指示(しかも超過分の支給なし)
  • 口コミを「自分の友人」かのように書かせる
  • 高額商材を売りつけてくる

 

このような案件に出くわしてしましますと、なおさら「ひどい」と感じるでしょう。

 

 

Webライターがひどい、つらいと感じる瞬間を乗り越えるには

そんなWebライターがひどい、つらいと感じる瞬間を乗り越えるためにはどうしたらいいのでしょうか。

 

実際ぼくが乗り越えたコツを、本記事で特別に紹介します。

 

 

最初の10件は実績作りと割り切る

まず、最初の10件は実績作りと割り切りましょう。

 

多くのクライアントはWebライター初心者と契約するにあたり「実績」から判断します。

 

なぜ実績が大事かといいますと、

  • 納期までに出してくれるか
  • きちんとした記事を書いてくれるか
  • コミュニケーションが円滑にとれるか

といったことを示す指標になるため。

 

口で言うことは簡単かもしれませんが、信頼できるWebライターと見てもらうためには「きちんと記事を納品した実績」が1番の証拠ですからね。

 

そして、実績作りの重要性を知らずに、10件以下で挫折してしまう人はかなり多いです。

逆手を取れば、10件実績があると他のWebライター初心者より1歩リードできますからね。

 

最初の10件は、会社の研修のような気持ちで学んでいきましょう。

 

 

理不尽なクライアントは断る勇気を持つ

次に「理不尽なクライアントは断る」という勇気が大切です。

 

会社だと理不尽な上司でもしがみつかないといけませんが、Webライターのような業務委託契約で同じようなことをする必要はありません。

 

ちょっと嫌なことがあったら断る、というのはもってのほかですが、理不尽な要求には従わなくていいです。

理不尽だと思ったら断る勇気を持ちましょう。

 

「戦略」を立てる

最後に「『戦略』を立てる」ことです。

 

Webライターで早く稼げるようになるには、案件選びのコツをつかむことが重要です。

 

  • 受注しやすい案件を選ぶ
  • 専門性や経験談を活かせる案件を選ぶ
  • 信用できるクライアントを選ぶ

といったことがあります。

 

そして、初心者のうちに「戦略」を立てる視点を持っておくと、案件の受注率が上がり、早く稼げるようになりますよ!

ぼくも、うつ病からの社会復帰を兼ねたWebライターで、半年で月10万円を突破しました。

 

半年で月10万超えた経験談をnoteでたっぷり紹介していますので、ぜひ読んでみてください( ˘ω˘ )

 

note.com

 

Brainにも同じ記事を掲載しています。

brain-market.com

 

 

 

Webライターがひどい、つらいと感じたとき=成長痛

 

webライター ひどい つらい 挫折 対策





 

本記事では、Webライターがひどい、つらいと感じるポイントと対策について紹介しました。

 

Webライターで半年以上働いてきて感じたのが「1番最初が1番しんどい」です。

 

ただし、最初に実績をしっかりと積んでおくと、アルバイト以上に稼げるようになります。

時給換算すると記事の質が落ちるので普段はあまり見てませんが、ぼくは現在時給1500~2000円のことがほとんど。

 

そして、筋トレして筋肉をつけるまでには「筋肉痛」が伴うように、Webライターでも成長する前には「成長痛」はあります。

ひどい、つらいと感じた時こそ、もうひと踏ん張りしてみましょう。

 

本記事が、悩めるWebライター初心者さんにとって参考になれば幸いです。

 

 

個性を活かせ!じんとの「WebライターLINEマガジン」

じんとの案件選びのコツやライティングの仕方、

発信力の磨き方までを見ることができます!

 

小手先の技術ではなく「個性や強みを活かした働き方」をしたい人は、

以下のボタンをクリック(`・ω・´)

友だち追加