うつのちライター

うつ病をきっかけにWebライターに転職。Webライターの楽しさからしんどさまで、社会復帰の過程を紹介。

Webライターだけで生活できる?コツと注意点をランサーズ認定クライアントが解説

Webライターだけで生活できるのか、気になる方も多いのではないでしょうか。

 

結論から言いますと、最初の数か月は難しいですが、慣れるとできるようになってきます。

しかし、生活できるようになるまでどれくらいかかるのかは、コツや注意点を知っているか知らないかで全く変わってきます。

 

本記事では、Webライターだけで生活できるまで稼ぐコツを、現役Webライターが解説します。

 

筆者の自己紹介

  • 2017年 機械系の大学院卒業
  • 同年 大手自動車部品メーカーに就職(設計と採用を担当)
  • 2019年4月 上司のパワハラで適応障害(6月に復職)
  • 2019年11月 うつ病に悪化し、再休職
  • 2020年4月~ 転職活動→250社落ち
  • 2020年8月 社会復帰を兼ねて始めたWebライターに、適性があると知る
  • 2020年10月 Webライター兼ブロガーとしてフリーランス
  • 2021年3月 Webライター単独で月10万売上達成!(ほぼクラウドワークス)
  • 2021年4月 月商20万円達成(Webライターでは14万)
  • 2021年5月 登録3か月目でランサーズ「認定クライアント」へ昇格←New!!

 

Webライターだけで生活していくためのコツ

 

Webライター 生活 コツ 注意点

 

100件以上納品したぼくが、Webライターだけで生活していくためにのコツは以下の3つです。

 

  • 専門性や過去の経験を活かす
  • 記事執筆+αのスキルを身に着ける
  • 直接契約を増やす

 

専門性や過去の経験を活かす

専門性や過去の経験を活かすことは、Webライターで稼げるようになるためには欠かせません。

なぜなら、専門性や経験を活かした記事を書ける人は少なく、クライアントから重宝されやすいため。

 

実際、ぼくが1番高単価の記事執筆依頼をいただいているのが

ウーバーイーツ配達パートナーの体験談

です。

 

ぼく自身が400回以上配達していることもあって、文字単価2円以上で契約をいただいています。

 

専門性や経験の見つけ方は、以下の記事で詳しく解説していますので、合わせて読んでみてください。

 

 

www.jin-10byo.com

 

 

記事執筆+αのスキルを身に着ける

次に「記事執筆+α」のスキルを身に着けることです。

 

Webライターとして、記事執筆以外のことも任されると、単価を上げやすい傾向があります。

例えば、以下のようなものができるようになると、クライアントから重宝されやすいです。

 

  • サイトへの入稿(WordPressが多い)
  • 記事への画像撮影、挿入
  • フリー素材ソフトから画像選定
  • 読みやすいように文字装飾
  • キーワード選定

 

これらのうち2~3個任された案件は、軒並み文字単価2円前後をいただいています。

 

特におすすめが「WordPressへの入稿ができるようになる」こと。

クライアントの多くは、自社メディアにWordPressを使っており、

 

WordPressへの入稿練習がてら、自分のブログを立ち上げるのもおすすめです。

 

▼ブログの立ち上げ方について解説しました。

 

www.jin-10byo.com

 

www.jibun-pock.com


 

 

直接契約を増やす

最後に「直接契約を増やす」ことです。

 

直接契約というのは、クラウドソーシングを介さずにライターとクライアントで条件を取り決めて仕事をすること。

 

なぜ直接契約がおすすめかといいますと……

クラウドソーシングの手数料でかなり損をしている

からです。

 

大手クラウドソーシングサイトでは、2割ほど手数料を支払っています。

 

高単価案件ほど、2割はばかにできません。

例えば30000円の案件を受注したとき、6000円も手数料がとられてしまいます。

 

6000円あれば、結構贅沢なご飯食べられますよね。

 

直接契約を増やすには、SNSや企業サイトへの直応募もありますが、次の章で紹介する「仕事仲間づくり」が1番おすすめです。

 

Webライターだけで生活していく人が注意したいこと

Webライターだけで生活していく人が注意したいのは、以下の3つです。

 

  • タスク管理は重要
  • Webライター仲間を作る
  • Webライター以外のこともする

 

タスク管理は重要

Webライターだけで生活するためには、タスク管理が極めて重要です。

なぜかと言いますと、Webライターだけで生活する場合、必然的に複数の案件を同時進行で行う必要があるためです。

 

マルチタスク……と聞くと難しく感じるかもしれませんが、

「今目の前の案件に集中して、ここまでを今日中にこなす」

と日々決めると自然とできるようになってきます。

 

実はぼくも会社員時代はマルチタスクが大の苦手でした。

しかし、目の前のことに集中するという考え方ができるようになってから、マルチタスクに対する苦手意識をなくすことができました。

 

  • 手帳にタスクを書く
  • エクセルで管理する

といった方法を使うと、管理できるようになりますよ!

 

▼ぼくがマルチタスクの管理ができるようになった、おすすめの手帳です。

www.jibun-pock.com

 

 

Webライター仲間を作る

先ほども紹介したように、Webライター仲間づくりは極めて重要です。

 

重要な理由は、以下の3つ。

  • 孤独になりやすいWebライターで、励まし合う仲間ができる
  • 最新情報やおすすめの案件などの情報交換ができる
  • Webライター同士で案件の依頼ができるようになる

 

特に1番下がWebライター仲間を作る1番のメリットで、実際ぼくも仲間が運営するメディアやブログへの記事入稿をいくつか任されています。

 

元から信頼関係もできてるので、直接契約なことはもちろん、ライティングスキルがあればきちんと評価してもらいやすいです。

今ありがたいことに、文字単価1.5円以上いただいてますからね( ˘ω˘ )

 

Webライター以外のこともする

意外と重要なのが「Webライター以外のこともする」ことです。

 

え!?なんで!?と思われるかもしれません。

Webライターで文字単価を上げるのに必要なのは「経験」であり、経験の幅を増やすと案件の受注もしやすくなるため。

 

また、Webライターの仕事をしていると首と肩が異常に凝るので、体のケアという意味でも重要です。

特に、以下のことをするとWebライターで生活しやすくなるでしょう。

 

  • 友人やWebライター仲間と交流する
  • 外に出て、景色やトレンドを感じ取る(今のご時世は難しいですが……)
  • 整骨院に行く(意外と重要ですw)

 

Webライターだけで生活するためには、ひと工夫必要

Webライター 生活 コツ 注意点

 

本記事では、Webライターで生活するためのコツと注意点を紹介しました。

 

Webライターだけで生活するためには、ただ記事を書いているだけでは難しいかもしれません。

しかし、本記事で紹介したようなことができるようになると、高単価の案件も契約しやすく、必然的に稼げるようになってくるでしょう。

 

文字単価を今より0.5円上げると、見える世界が変わってきます。

上げるために何ができるかを考え、試行錯誤していきましょう。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

▼Webライターにて「最短で」稼げるようになる戦略を紹介!

 (「マルチタスクの管理シート」おまけつき!)

 

note.com

 

個性を活かせ!じんとの「WebライターLINEマガジン」

じんとの案件選びのコツやライティングの仕方、発信力の磨き方までを見ることができます!

 

小手先の技術ではなく「個性や強みを活かした働き方」をしたい人は、以下のボタンをクリック(`・ω・´)

友だち追加