うつのちライター

うつ病をきっかけにWebライターに転職。Webライターの楽しさからしんどさまで、社会復帰の過程を紹介。

【大学生】Webライターとバイトのどっちがいい?それぞれのメリット・デメリットを解説

Webライターとバイトのどっちがいいか悩む大学生も、多いのではないでしょうか。

 

結論から言いますと

  • Webライター…1人で黙々と働くのが得意な人
  • バイト…チームで1つの仕事を成し遂げるのが好きな人

におすすめだと言えます。

 

なぜなら、Webライターにもバイトにもメリットとデメリットがそれぞれあり、把握したうえで選ばないと後悔することになりかねないからです。

 

本記事では、Webライターとバイトのどちらがいいか悩む大学生向けに、それぞれのメリット・デメリットを解説します。

 

筆者の自己紹介

  • 2017年 機械系の大学院卒業
  • 同年 大手自動車部品メーカーに就職(設計と採用を担当)
  • 2019年4月 上司のパワハラで適応障害(6月に復職)
  • 2019年11月 うつ病に悪化し、再休職
  • 2020年4月~ 転職活動→250社落ち
  • 2020年8月 社会復帰を兼ねて始めたWebライターに、適性があると知る
  • 2020年10月 Webライター兼ブロガーとしてフリーランス
  • 2021年3月 Webライター単独で月10万売上達成!
  • 2021年4月 文字単価3円の継続依頼を受注!←New!!

 

 

Webライターとバイト、それぞれのメリット

 

Webライター バイト メリット デメリット 時給

 

まずは、Webライターとバイトにおいてそれぞれのメリットを紹介します。

 

Webライターのメリット

大学生がWebライターで働くメリットは、以下の5つです。

 

  • シフト制でないので、好きな時間に働ける
  • パソコンを使って、空きコマに仕事ができる
  • 自分のスキルに応じて報酬が上がり、稼ぐコツを理解できる
  • 学生時代に下積みしておくことで、フリーランスとしても働ける
  • 基本1人で仕事が完結するので、人間関係のストレスが少ない

 

特に、1人で黙々と仕事を進めたい人にはおすすめの仕事と言えます。

 

Webライターの仕事は基本的にチャットツールで連絡を取り合うことが多く、1対1の関係が基本です。 

バイトと違って大勢で仕事をすることが少ないので、人間関係のストレスをあまり感じません。

 

また、スキマ時間に自宅や図書館で仕事ができるので、講義やサークル活動の予定と調整しやすいのも魅力といえます。

 

バイトのメリット

次にバイトのメリットですが、以下の5つがあります。

 

  • チームで仕事をすることが多く、達成感が得られやすい
  • バイト仲間と親しくなり、一生の友になる可能性がある
  • 慣れ親しんだ場所の見方が変わる(飲食店・学習塾など)
  • 仕事のできが悪くても、地域の最低賃金は保証される
  • 年末調整をしてもらえるので、確定申告がいらない

 

バイトの1番のメリットは「新しい人間関係を築ける」こと。

 

ぼくも学生時代に模試監督のバイトをしていましたが、今でも連絡を取り合ったり、飲みに行ったりする人が何人かいます。

学科やサークル活動とは関係ない、大学外の友人を作るにはバイトが1番手っ取り早いですからね。

 

また、最低賃金が保証される確定申告がいらないといった金銭面もバイトの大きなメリットです。

 

Webライターとバイト、それぞれのデメリット

一方でWebライターとバイトには、それぞれデメリットがあります。

 

Webライターのデメリット

大学生がWebライターで働くことによるデメリットは、以下の3つです。

 

  • 地域の最低賃金を下回ることもある
  • 職場の人間関係など、就職後に求められるスキルを磨きにくい
  • 38万円以上稼いだ場合は確定申告に行く必要がある

 

特に、Webライター初心者はかかる時間の割に稼げないことが多く、地域の最低賃金を下回ることもしばしば。

 

しかし、ある程度経験を積むと最低賃金どころか、最低賃金の2倍くらい稼げるようになります。

下積み期間の収入は、バイトの研修期間と比べて低いと考えておきましょう。

 

バイトのデメリット

一方で、バイトのデメリットは以下です。

 

  • 時給を上げることが難しく、上がる額も少ない
  • シフト制なことが多く、他の予定との調整がしづらい
  • バイト先がブラックな可能性もある

 

特に、予定の調整がしづらいのは、大学生によくある悩みです。

例えば塾講師だった場合、毎週水曜の18時から21時という風に決まっており、もし休み場合は交代を見つけなければなりません。

 

また、テスト期間やサークルの合宿が多い期間だと欠員が増え、穴埋めをしないといけないということも。

 

ただし、スケジュール管理は社会人には必要不可欠なスキルなので、社会勉強と捉えることもできます。

 

Webライターとバイト、向いている方を選ぼう!

 

Webライター バイト メリット デメリット 時給

 

本記事では、大学生にWebライターとバイトのどちらがいいかについて解説しました。

 

Webライターとバイトの両方にメリット・デメリットがあり、どちらがおすすめかというのは人によりけりです。

 

そして本当にどちらか悩んだ時は、両方試してみて自分に合いそうな方を選ぶのも1つの方法。

時間のある学生のうちだからこそできる方法で、将来のキャリアを考えるうえでいい経験となること間違いなしですよ(`・ω・´)

 

本記事が、Webライターとバイトで悩む大学生の参考になれば幸いです。

 

▼Webライターの魅力を詳しく知りたい人へ!

www.jin-10byo.com

 

個性を活かせ!じんとの「WebライターLINEマガジン」

じんとの案件選びのコツやライティングの仕方、発信力の磨き方までを見ることができます!

 

小手先の技術ではなく「個性や強みを活かした働き方」をしたい人は、以下のボタンをクリック(`・ω・´)

友だち追加