うつのちライター

うつ病をきっかけにWebライターに転職。Webライターの楽しさからしんどさまで、社会復帰の過程を紹介。

Webライターとして働くのにWordは必要?現役Webライターが解説

Webライターとして働きたいけど、Wordを購入したほうがいいのか悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

 

結論から言うと、WebライターはWordがないと仕事にならないというわけではありません。

しかし、Wordがあったほうが便利なのは確かです。

 

本記事では、Webライターとして働くのにWordが絶対必要とはいえない理由と、Wordの機能でWebライターのぼくが助かっているものたちを解説します。

 

 

 

筆者の自己紹介

  • 2017年 機械系の大学院卒業
  • 同年 大手自動車部品メーカーに就職(設計と採用を担当)
  • 2019年4月 上司のパワハラで適応障害(6月に復職)
  • 2019年11月 うつ病に悪化し、再休職
  • 2020年4月~ 転職活動→250社落ち
  • 2020年8月 社会復帰を兼ねて始めたWebライターに、適性があると知る
  • 2020年10月 Webライター兼ブロガーとしてフリーランス
  • 2021年3月 Webライター単独で月10万売上達成!
  • 2021年4月 文字単価3円の継続依頼を受注!←New!!

 

 

WebライターにWordが絶対必要とはいえない理由

Webライターにとって、Wordが絶対必要とはいえない理由は以下です。

 

  • クライアントとWordのバージョンが異なる可能性がある
  • そもそもクライアントがMacだと開けない
  • Wordでの提出を指定するクライアントは少ない

 

WordだとOSやスペックによってファイルが開けないことがあるためか、Word限定の納品を求める人はほとんどいません。

2020年10月からWebライターのフリーランスをしているぼくの体感でも、2~3件ぐらいでしょうか。

 

 

1番多いのは「そもそも提出方法を指定しないクライアントさん」で、体感半分強。

次に多いのは、以下のどれかの提出方法での指定でした。

  • テキストファイル(メモ帳)
  • Googleドキュメント
  • Wordpressに直接執筆

 

この3つの提出方法だと、パソコンのOSやスペックに関係なく、ファイルを開くことができるため。

 

よって、Webライターを始めるにあたって、Wordを至急導入しないといけないということはありません。

Word単体の購入でも1万円以上しますからね。お値段異常です←

 

万が一、Wordでの提出を希望しているクライアントがいれば、1度相談してみることをおすすめします。

 

WebライターがWordで役立つ便利機能

とはいえ、Webライターである程度の経験を積んで予算に余裕が出てきたら、Wordを導入することをおすすめします。

なぜなら、Webライターで作業効率化ができる便利な機能が、Wordには備わっているため。

 

現役Webライターのぼくが、Wordの機能で役に立ったものを3つ紹介します。

 

機能①:文字数カウント

まずは、文字数カウントです。

Webライターの納品方法は「3000文字前後」といったような文字数指定なことが多く、文字数をカウントする場面は必然的に出てきます。

 

文字数カウントというサイトを使ったり、「Ctrl+C+Enter」でGoogleドキュメントで文字数をカウントしたりできますが、

やはり文字数は一目でわかるほうが業務を進めやすいです。

 

微妙な文字数の調整が必要となってくる場面で毎回コピペすると、結構な手間になりますからね。

 

機能②:文章校正

次に、文章の校正です。

誤記はもちろんのこと、文法的におかしな個所や基本的なライティングができていない箇所には、赤の波線が入るようになっています。

 

特に初心者のうちに便利なのが「たりたり構文」の校正

 

AだったりBだったりします

 

というのが正解ですが、慣れていないうちは

 

AだったりBです

 

という風に書いてしまいがちです。

ぼくも痛いほど経験しました(笑)

 

Wordだと「Bです」のところに赤波線が入り、間違っていることを一目でわかるようにしてくれるので、とても便利です。

 

機能③:置換

最後が「置換」です。

 

Webライターである程度経験を積んで、

  • 専門分野でないジャンル
  • 長文での記事執筆

を書いたときに、同じ間違いを1記事中に繰り返してしまうこともあるでしょう。

 

このときに「置換」機能が役に立ちます。

 

ぼくの経験談を交えて説明しますと、「プロバイダー」を「プロパイダー」と勘違いしていた時期がありました。

とても恥ずかしい話ですが……(笑)

 

修正をするときに、文章中の「プロパイダー」を探していると、結構な時間がかかりますし、確認漏れもあるかもしれません。

 

しかし、置換機能を使うと同じファイル内の「プロパイダー」を一発で直してくれます!

 

Webライター Word 必要 理由

修正前と修正後の単語を入力し「すべて置換」をクリック!

 

 

Webライター Word 必要 理由

19個も直してくれました!

 

まさしく「時短」ですね(`・ω・´) 

 

Webライターに慣れてきたらWordを導入したい

 

Webライター Word 必要 理由

 

本記事ではWebライターとして働くのに、Wordは必要かどうかについて解説しました。

 

WebライターはWordがないと全く仕事ができない、というわけではありません。

 

しかし、ある程度Webライターでの実績を積み、

慣れてきて得意ジャンルでない記事の執筆や、長文記事の執筆を任される機会が増えたときにWordの機能は便利です。

 

ある程度Webライターに慣れてきて、予算が取れるようになれば、ぜひ導入しましょう。

 

最近、WordはAmazonでも買えるようになりましたので(しかも1割引)、導入される方はぜひ検討くださいね( ˘ω˘ )

 

 

 

▼Webライター初心者におすすめの記事です。

 

www.jin-10byo.com

 

 

 

 

個性を活かせ!じんとの「WebライターLINEマガジン」

じんとの案件選びのコツやライティングの仕方、

発信力の磨き方までを見ることができます!

 

小手先の技術ではなく「個性や強みを活かした働き方」をしたい人は、

以下のボタンをクリック(`・ω・´)

友だち追加