うつのちライター

うつ病をきっかけにWebライターに転職。Webライターの楽しさからしんどさまで、社会復帰の過程を紹介。

【喝!】Webライターはやめとけという人に足りていない、たった1つのことを紹介

Webライターはやめとけ、オワコンだからwwww

 

なんて言う人や書いている記事を定期的に見かけます。

 

たしかに一時期、「否定できないな」とは思っていました。

 

  • 月に10万も稼げない
  • ウーバーイーツ配達員と兼業でやっと初任給レベル
  • 案件全く受注できない/(^o^)\

といったことのオンパレードだったからです。

 

たった1つのことに気づくまでは……。

 

 

Webライターはやめとけという人に足りないのは「戦略」

 

Webライター やめとけ 稼ぐ 戦略 初心者

 

そもそも「Webライターはやめとけ」という人に足りないのは

「戦略」

です。

 

Webライターに戦略なんてあるのか?

そう考える人もいるでしょう。

 

実は、あるんです。

正しいステップアップで、稼げるようになるための戦略が。

 

そして、稼げる戦略は3段階あることにも気づき、半年で月商10万を超えることができたのです。

 

 

Webライターはやめとけ、という人の3パターン

Webライターはやめとけという人には、実は3パターンあります。

 

そしてそのパターンは、某ウイルスのように「フェーズ」と呼んでいます。

なぜフェーズかと言いますと「あなたのWebライターレベルは、常に変化し続けている」から。

 

そして、大きく分けて3つのフェーズがあり、それぞれで「やめとけ」と言う人が一定数います。

 

  • 初心者フェーズ
  • 脱初心者フェーズ
  • 中級者フェーズ

 

初心者

まずはWebライター初心者です。

 

Webライター初心者で挫折し、やめとけという人が気づいていないのは「実績の重要性」です。

 

Webライター初心者が自分の実力を証明するには、「実績」しか方法がありません。

しかし、最初から稼ごうとして「高単価で倍率の高い案件」ばかり応募し受注できない。

 

「全然受注できない=稼げない」という背景から「やめとけ」と主張するのでしょう。

 

しかし、実績の重要性に気づいたら、お小遣い程度はすぐに稼ぐことができます。

実績の重要性は、以下の記事で詳しく紹介していますので、よかったら読んでみてくださいね( ˘ω˘ )

 

 

www.jin-10byo.com

 

 

脱初心者

続いて「脱初心者フェーズ」です。

 

脱初心者フェーズは「お小遣い以上、アルバイト以下」という月商の人のことを指します。

そして、脱初心者でやめとけという人は「高単価案件にチャレンジしたけど、結構見送りされる」というパターンが多いです。

 

脱初心者フェーズをクリアするために大切なのは「たくさんの案件を受注する」ことではありません。

「1つの案件で継続して依頼をもらえるようにする」ことです。

 

継続依頼のメリットは

  • 書き方の好みやスタイルを把握でき、書きやすい
  • 1回納品している記事と構成は同じことが多いため、使い回しが効く
  • 信頼度をあげていくことで、単価上げ交渉がしやすくなる

といったことです。

 

逆に継続依頼さえもらえたら、アルバイト並みには稼げるようになります。

ぼくも3か月目で脱初心者フェーズをクリアしましたが、2つのクライアントさんからの継続依頼が、売り上げの8割を占めていました。

 

中級者

最後にアルバイトよりは稼げるけど、月商10万いかない「中級者フェーズ」です。

 

中級者フェーズは、これまでと大きく戦略を変えないといけません。

実は、戦略の変更の大切さを気づくのに3か月もかかってしまいました……(笑)

 

中級者に大切な考え方は「時給」です。

時短で適当に提出していい、というわけではないですよ?

 

「低単価でも執筆時間が短い案件」を複数持ち、作業時間の空白を作らないことが1番重要。

自分の得意ジャンルや、相性のいいクライアント、ライティングスキルの継続学習といったことが時給をあげる秘訣ですよ!

 

そして、Webライター半年で月商10万を超えただけでなく、7か月目の2021年4月も22日時点で10万円を突破しています!

 

Webライターはやめとけ、をうのみにする前に

 

Webライター やめとけ 稼ぐ 戦略 初心者

 

本記事では、Webライターはやめとけと言う人の3パターンと、やめとけと言わないようにするための方法を紹介しました。

 

Webライターのような「スキルを活かした働き方」は、アルバイトや会社員のような「時給・給料」とは異なります。

 

アルバイトだと、どんなに出来が悪くても最低賃金が保証されていますが、

Webライターは「収入ゼロ」という可能性もあり得ます。

 

ただし、アルバイトはランクなどで上限が決まっている一方で、Webライターは無限に時給をあげることができるのです。

つまり、自分の能力次第で人生が変わってきます!

 

Webライターはやめとけという人は、スキルを活かした働き方が合わなかっただけ。

あなたは気にせず、記事執筆をつづけていきましょう。

 

そうはいっても少しでも早く、稼げるようになりたいですよね。

早く稼げるようになるには、スキルアップや文字単価アップだけでなく、「戦略」が重要。

 

Webライターで稼ぐための戦略は、以下の記事でたっぷりと惜しみなく紹介しましたので、よかったら読んでみてくださいね( ˘ω˘ )

(本記事の内容も、ほんの少しだけ入っています)

 

note.com

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

 

個性を活かせ!じんとの「WebライターLINEマガジン」

じんとの案件選びのコツやライティングの仕方、

発信力の磨き方までを見ることができます!

 

小手先の技術ではなく「個性や強みを活かした働き方」をしたい人は、

以下のボタンをクリック(`・ω・´)

友だち追加